スポンサーリンク

2006年03月01日

『第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい』 マルコム・グラッドウェル (著)


第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい


人気blogランキング本業でも苦戦中(笑)!

【はじめに】

◆こんばんは。

昨日は「俺と100冊の成功本」の聖幸さんコメント頂いたsmoothデス。

そう言えば、私のお笑い系チック(?)な書評というのは、結構聖幸さんに影響受けているかもしれません。

思いっきりパクって、「私と100冊の勉強本」なんて裏ブログを、かつて運営していましたが(遠い目)。

◆ちなみにこのブログの最後に投稿した記事の本、結構売れてます(笑)。←ワタクシ的に

放置しといてよかったのカモ(笑)。


◆さて。

本日ご紹介するのは、「翻訳本シリーズ」(いつの間にそんなものが(汗))の第2弾。

「ティッピング・ポイント」の著者が世に問う問題作です。

ティッピング・ポイント―いかにして「小さな変化」が「大きな変化」を生み出すか




一部で話題騒然(笑)のこの一冊、果たして(汗)!


【読書マインドマップ】

626df744.jpg











【読後の感想などなど】

◆初っ端のエピソードから、思わず引き込まれてしまいます(汗)。

アメリカの美術館が購入した古代ギリシャ彫刻は、さまざまな科学的検査では本物と鑑定されたが、何人かは見た瞬間、「最初の2秒」で「違う」と感じた。
のちに贋作と判明するが、なぜ彼らは偽者と見抜けたのか? 見抜いた「力」は何か? 本書は、「最初の2秒」にまつわる物語である。

「意識的」ではない「無意識」のチカラ・・・。

マインドマップにも書いた気になるエピソードを少々。


★情報は多すぎてもいけない

スーパーで色々な種類のジャムを販売する際に、24種類のジャムを並べた時よりも、6種類のジャムを並べた時の方が、全体としての売上は多くなります。


★ペプシ・チャレンジの問題点

テレビコマーシャルでの試飲テストでペプシに負けたコカコーラが開発した、「ペプシに似た味」の新製品「ニューコーク」

数十万人の試飲調査の結果ペプシを上回る評価を得たこの新製品は、いざ市場に出されると大失敗に終わりました(売れ行き不振のため、元の味で「クラッシックコークを発売)。

「ひと口だけ飲んだ場合」「丸々一本飲んだ場合」では、選ばれるものは違うのです。


★言語化

44種類(!)のジャムの試食テストで、各ジャムに「味覚のプロ」が付けた順位は、アマチュアである学生のものとほとんど変わりませんでした。

プロでもアマでも食べればおいしいかどうかはわかるのです。

ところが「おいしいと思う理由」を紙に書かせた途端に、プロとアマの結果は大きく分かれます。

アマチュアは言語化することにより、最初に得た感覚が鈍くなってしまうからなのです・・・。



◆結論として著者は「Blink("ひらめき"=この本の原題)は、訓練したり経験を積み知識を蓄えることにより、周りからのノイズを受けにくくなり、かつ、言語化して他人に説明できる」と言いたいのではないでしょうか。

原題からはてっきり「アイデアのひらめき」系かと思ってましたが、どちらかというと、瞬間的に行う高度な判断というか情報処理的なお話がメインでした。


無意識下での行動等の部分については、「影響力の武器」を彷彿とさせますね。

タイトルで閃いた(笑)方は、ぜひご一読を!


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「マーケティング」へ

このブログのトップへ

Posted by smoothfoxxx at 19:11
Comments(13)マーケティングこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバック
          気になる本。        『第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい。』           面白くないですか??    ちょっと気になります。      かなり読んでみたい。    ってか、題名が相当惹かれる。解説文もかなり惹...
最近気になる本【今日の進歩はどのくらい?】at 2006年03月10日 00:01
第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい ■やぎっちょ評価コメント 数少ない★5つの「ティッピングポイント」を書いたマルコム・グラッドウェルの最新刊です。全米で50週連続ベストセラーになったとか。 しかし。 個人的にはティッピングポイントほどでは...
第1感 マルコム・グラッドウェル【"やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!】at 2006年03月23日 02:23
いや〜、面白かった〜! 第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい M・グラッドウェル, 沢田 博, 阿部 尚美 内容は、Amazonから引用すると、こんな感じ。 理由はわからないけど「これだ!」と思ったり、説明できないけど「なんか変」と感じたことはないだろ...
マルコム・グラッドウェル『第1感』、面白かった〜!【小さなことを喜ぼう!             〜女40歳の「ちょいハピ」な日々〜】at 2006年05月16日 02:38
この記事へのコメント
なんだかいろいろ裏ブログやってますねぇ^^;

しかも売れてるんですか。

だったらそれはそれでありですね。ぽちっ
Posted by 笑顔整体の院長 at 2006年03月02日 00:06
うわー、今日も興味深いですね。かねり勉強させていただいております。
ポポチ。
Posted by ゼロから成功する為に 〜まだ遅くない〜 at 2006年03月02日 09:01
ここのブログ読むと自分の知らない面白そうな本がこんなにたくさんあるんだな、とびっくりしてしまいます。
わくわくしてきますね^^
Posted by 2000の単語を超速で暗記する!ブログ 雄宇 at 2006年03月02日 09:24
smoothさん、こんにちは!

相変わらずの、わらしべ長者ぶりに、
感動を覚えます。

この本も、面白そうですね。

Posted by ニタ@教えて会計 at 2006年03月02日 09:57
smoothさんの書評でおなかいっぱいになりました。これだけでも使える要素満点です!
Posted by 週末起業サラリーマン at 2006年03月02日 10:48
こんにちは。

>★情報は多すぎてもいけない

これは、そうですね。

書評を書くものとして、書かないことも重要だなと思うときがありますね。

smoothさんの今日のは、多かったかもしれませんね(笑)。
Posted by こばやし at 2006年03月02日 11:47
こんばんは。

私も、マルコメ 打ち間違った
マルコム・グラッドウェル氏の本は
ちょうどチェックしてたんですよ。^^

私の構想では、裏で、
「僕と100誌の学びメルマガ」
を書きたいと思っています。(爆)

Posted by 中里 貴幸@メルマガの鉄人 at 2006年03月02日 19:19
サリーですぅ。

次のメルマガが待ち遠しいでっす・・・(^^)/
Posted by サリー at 2006年03月02日 19:31
smoothさん、こんばんは

blink 翻訳されたんですか!
原本は持ってましたが、全然読んでませんでした。あきらめて、こちら買います(笑)

ちなみに、「箱―Getting Out Of The Box」の原本(英語)も持っているのですが、これもほとんど読んでません。読む前に日本語版が復刊される日の方が近いかも。。。。

Posted by ten at 2006年03月02日 22:28
こんにちは。

>「意識的」ではない「無意識」のチカラ・・・。

このチカラを磨けると、何かと役に立っていいですよね。

読みたくなる本がいっぱいです・・・。
Posted by LifeTrackBack at 2006年03月04日 11:20
初めまして。
ちょっと気になる本だなぁ。と思って
調べたら、たどり着きました。
 

Posted by momo at 2006年03月10日 00:04
はじめまして。
遅ればせながら、この本を読み、自分のブログに感想を載せましたので、TBさせて頂きました。
ご迷惑でないとよいのですが……!
Posted by ちょいハピ at 2006年05月15日 02:06
>ちょいハピさん

トラバありがとうございました。
そちらに書きましたように、どうもこちらの設定の関係で、記事内に引用のリンクがないと、トラバを受け付けないようです(汗)。

お詫びに、こちらからトラバをさせて頂きました。

今後ともよろしくお願いします。
Posted by smooth@マインドマップでビジネス書評 at 2006年05月16日 01:01