スポンサーリンク

2006年02月10日

★「ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる」 梅田望夫 (著)


ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる


個人的評価:★×9+α

【はじめに】

◆こんばんは、今日も会食のsmoothデス(笑)。

あー、お腹大丈夫だろか(汗)?


amazonから本が大量に送られてきていて、どちらかというと読書したい今日この頃。

今日ご紹介の本は予約して昨日やっと届いたのに、一足先にtenさんに先越されちゃいました(涙)。

新書250ページの本ですが、ポストイット75箇所貼ってしまったこの本、果たしてその中身は(汗)!



【読書マインドマップ】

★tenさんにも「smoothさんの視点で是非、この本の紹介を見てみたいです。できればマインドマップも。」と書いていただきましたが、ちょっとやそっとでは語りきれないような気もしますので、後日再挑戦します!


【読後の感想などなど】

◆一応、前提として私の場合は、この本をすでに読んでおります(参考記事:「ザ・サーチ」 ジョン・バッテル (著) 【マインドマップ付き】「ザ・サーチ」 ジョン・バッテル (著) ・・・続き

ザ・サーチ グーグルが世界を変えた



この時点ですでにGoogleの底チカラみたいなものはわかったつもりでいました。

しかし、まだまだ奥深いところがあったとは(汗)。


◆さて。

今回のこの本のテーマというか、読む上での根本的な共通言語としてWeb 2.0というものがあります。

本の中でも説明されてるのですが、一応こちらをご一読いただきたく・・・(『Webそのものがプラットフォームになる。次世代のWebの在り方「Web 2.0」 』(「伊藤直也のアルファギークのブックマーク」より)


◆tenさんの記事でもやたら(笑)出てくる(というかこの本の中で死ぬほど出てくる)「あちら側」「こちら側」という概念を理解するうえでは、まずこのWeb 2.0を知っておかなければなりません。

わかってる人はいいんですが、わかってない方はコレがわからないと、話が漠然としてしまう可能性が(汗)。


◆これを理解した上で、著者言うところの「次の10年への3大潮流」である、「インターネット」「チープ革命」「オープンソース」を切り口として、話が進みます。

個人的にウムムとなったポイントをご紹介・・・。


○インターネットの可能性の本質

インターネットの真の意味は、不特定多数無限大の人々とのつながりを持つためのコストがほぼゼロになったということである。

誰かから1円もらうコストが1円よりもずっと小さいとすれば、「不特定多数の無限大の人々から1円もらって1億円稼ぐ」ネットビジネスは現実味をおびてくる。


○「グーグル・マップ」と「はてなマップ」

「グーグル・マップ」は知ってましたが、「はてなマップ」は実は知りませんでした(汗)。

ちなみに「はてなマップ」は、「グーグル・マップ」のAPI(開発者向け機能)が公開され、それを利用しはてなのエンジニアが1人で5日かけて作ったもので、開発費はたったの数十万円だとか。

しかし一世代前の考え(それこそこの本で言うところの「こちら側」)だと億単位の費用がかかるはずで、それは今までの既存のメーカーにとっては脅威以外の何ものでもありません。

チープ革命とWeb 2.0が手に手を取り合って進展することで訪れるその時に、IT産業は再び大激変に見舞われる。

それが「次の10年」の間に必ず起こるはずだ。


◆他にもGoogleが何故すごいのか等々の分析は、さすがに「IT分野の知的リーダー」と言われるだけの事はあります(汗)。

キチンとマインドマップ作って、再度検討したいと思います。

イヤ、マジですごい本ですから(汗)!

(参考:著者の梅田さんのブログ:My Life Between Silicon Valley and Japan

人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「ITスキル」へ

このブログのトップへ

Posted by smoothfoxxx at 18:31
Comments(8)TrackBack(2)ITスキルこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/50440630
この記事へのトラックバック
龍司さんのBLOGなどで推奨されていました、 ウェブ進化論を日曜日読了しました。 あまりにも、面白くためになる本でした。 インターネットの可能性について知りたい方には、 是非とも読んでいただきたいと思いました。 梅田 望夫 ウェブ進化論 本当の大変化はこ...
ウェブ進化論【広島の空 ??jetblue??】at 2006年02月21日 20:52
ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる筑摩書房このアイテムの詳細を見る 今回は、梅田望夫『ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる』を紹介します。web2.0時代のweb技術やコンテンツのこれからについて語られています。取り上げられているものは、web革命、googl...
梅田望夫『ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる』【itchy1976の日記】at 2006年05月01日 22:50
この記事へのコメント
smoothさん、今晩は!

そんな凄い本なんですか。
これは、読んでおかないと、マズソウですね。
そもそも、tenさん紹介なんですから、
その時点でおさえるべきだったか。

Posted by ニタ@教えて会計 at 2006年02月10日 19:04
なんだかすごいですねぇ^^
はてなマップそんなに簡単に作られたんですね。
それだけのことができるってすごいですね。ぽちっ
Posted by 笑顔整体の院長 at 2006年02月10日 19:27
smoothさんに同じく積書が・・・(汗
amazonから週刊inがすごいことに・・・(汗
Posted by 週末起業サラリーマン・・・hikaru at 2006年02月10日 21:22
smoothさん、こんばんは。

ポストイット75箇所・・・すごいですね。
業界的にも抑えておかないといけない
一冊のようです(汗)

Posted by YOSHI at 2006年02月10日 21:39
smoothさん、こんばんは

書評ありがとうございました。

75個もポストイット貼ったら、読み直しづらいですね(笑)

それにしても、こちら側である私は最近のトレンド予測は外れっぱなしです。
そもそも、最初にブラウザ見たとき、「こんなネットワーク無駄遣いするソフトなんて流行ったら大変だ」と思ってましたから。(笑)(もう12,3年くらい前ですが)

Posted by ten at 2006年02月11日 02:37
いつも貴重な本の情報を
ありがとうございます。

さすがsmoothさんです。

最初は私の方が知っている本が
多いと思っていましたが。

新刊はsmoothさんには、
全然かなわないことが
わかりました。
読書コンサルタントですね。
Posted by 栗原敏彰 at 2006年02月11日 10:04
こんにちは。

ウェブのことがわからない人には、良い本かもしれませんね。

一応、そっちの世界に片足を突っ込んでいるものとしては、知っていて当然のことでした。

それをどう活かすかが、課題ですが。

Posted by こばやし at 2006年02月11日 10:51
爆撃投下〜●〜*ヒュ〜!
Posted by 週末起業サラリーマン・・・hikaru at 2006年02月11日 11:29