スポンサーリンク

2006年01月26日

★『トム・ピーターズのマニフェスト (4) トレンド魂。』



【はじめに】

◆今まであまり取り上げる機会が無かったトム・ピータース

この最近出たこのシリーズも、値段の割りに薄いとか固くて読みにくいとか個人的に読まなかったんですが・・・。


この本だけは是非(汗)!

「女性マーケット+2007年問題(?)」完全対応です(汗)!




【読書マインドマップ】

本の性質的に、オヤスミ頂きます(汗)。



【読後の感想などなど】

◆この本、上でも書きましたように、薄いです。たったの160ページしかありません(字は結構小さめですが)。

しかもサイズ的にも細長いのに加え、中は写真だらけです。

それなのに、ポストイット61箇所貼ってました(汗)。

・・・これが何を意味するか。


◆この本の構成は、1〜3章で「女性マーケット」、4章で熟年層マーケット、そして最後の5章では両者が重なり合った「熟年女性層マーケット」を取り扱っています。

具体例や人口構成がアメリカの話が中心とはいえ、考え方は日本も同じ。

これからの消費をリードするのは(実際には今までも既にリードしていましたが)女性と熟年層に他なりません。


◆さすが外国人が書く本だけあって(?)その根拠は数字の嵐(汗)

○(女性は)アメリカにおける世帯の支出のなんと80%の財布を握っている

○すでに女性は、50万ドル以上の純資産を持っているアメリカ人の43%をしめている

○たとえば保険の場合、ある調査によると、女性はその生涯で28回推薦するのに、男性は13回だという

・・・こんなカンジでガツガツ攻め立てられるわけですよ、ハイ(笑)。


「熟年層マーケット」についても、

○2001年時点で、50歳以上のアメリカ人は29兆1000億ドルの純資産を保有していた。これはアメリカ全体の保有純資産の69%に達する数字だ。しかも1983年当時の同様の数字からは56%も急伸している。

といった具合・・・。

ぶっちゃけ圧倒されますって(汗)。


◆それにしてもこの本、薄い割りに(笑)ホント事例が豊富です(汗)。

それを踏まえた上で、このブログをお読みになってる方には、是非とも私がつけた61箇所ものチェックポイントを探していただきたいです。

目からウロコ落ちまくることウケアイ(笑)。


◆個人的に、一番キタのは、「加齢に伴うホルモンバランスの変化」による、「女性の行動の変化」のお話。

「攻撃的でリスクを厭わない行動を引き起こすホルモン」である「テストステロン」は、若い頃だと、男性は女性の10倍もあるのですが、これが歳をとるに連れて段々と男女差がなくなっていき、70代になると、女性の方が男性より血中のテストステロン量が多くなるそうなんです。

・・・恋愛メルマガネタ的なお話(笑)ですけど、商品(サービス)開発のヒントになりませんかねー(意表つきすぎ(笑)?)。


◆最後に、この本で紹介されている、重要な本をご紹介。

・・・と言っても洋書なんで、ひたすら翻訳待ちなんですが(汗)。

Marketing to Women: How to Understand, Reach, and Increase Your Share of the World's Largest Market Segment


この本のかなりの部分を担当した、マーサ・バレッタ女史のご本。

必死で日本語版探したのですが、無い模様。


Eveolution: The Eight Truths of Marketing to Women


同じく、この本でかなり長いコラムを書いてるフェイス・ポップコーン女史のご本。

コラム部分がかなりキテるんで、やはり欲しいんですが・・・。


Marketing to Women: How to Increase Your Share of the World's Largest Market


上記バレッタ女史の最新刊。

どっちにしろ洋書なんで手も足も出ません(涙)。


ランキングご協力ありがとうございました!


Posted by smoothfoxxx at 18:22
Comments(7)TrackBack(0)マーケティングこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
この記事へのコメント
クリック爆撃よろしくおねがいしますね!私も爆撃していきますね。
Posted by 週末起業サラリーマン at 2006年01月26日 18:54
smoothさん、こんばんは!

私も、これ避けてましたね〜。
これ1冊だけだったら、
読んでも、いいかも。

薄いところは、胃にやさしいですね。

Posted by ニタ@教えて会計 at 2006年01月26日 19:03
これでも食らえ〜!

カチっ(笑)
Posted by 俣野 成敏 at 2006年01月26日 19:29
女性マーケットと2007年問題とは
良い内容の本が出ましたね。
早速読まなきゃ。

いつも良い情報をありがとうございます。
Posted by 栗原敏彰 at 2006年01月26日 21:38
クリック爆撃ですね(笑)
3つってうちですね^^;ぽちっ
Posted by 笑顔整体の院長 at 2006年01月26日 22:52
こんばんは。

これ気になりますね。
実は私も全く同じ理由で読んでなかった
のですが、これは読んでみたいと思います。

いつも良い情報をありがとうございます!
Posted by LifeTrackBack at 2006年01月27日 00:03
こんにちは。

この辺は、トム・ピーターズ氏は、前から、似たようなことを言っていたと思います。
逆に、あまり新しいことは言っていないように感じました。
このシリーズ自体が、そうなんですが(笑)。

とは言え、言っていること自体は、大切なことなので、読んでいない方は、読まれると良いですよね。
Posted by こばやし at 2006年01月27日 10:38