スポンサーリンク

2005年07月22日

「1枚のはがきでお客様を感動させる本」 竹田陽一 (著)



1枚のはがきでお客様を感動させる本

個人的評価:★×8.5

◆この本は、いつもお世話になっているニタさんのブログの記事で知りました。

ランチェスターの竹田先生のご本ということで、あまり考えずに買ってみたところ、
本の約半分がはがきの文例集でした(汗)。


【読書マインドマップ】

4ab37f0a.jpg








【読後の感想などなど】

◆というワケで、読書時間的にはかなり短かったんですよ。

でも、本としての破壊力はかなりのものがあります


◆例えばのハナシ。

この本の「はがきの文例集」を見て、皆さんどう思われるでしょうか?


「なーんだ、こんなのイチイチ本なんか読まなくたって・・・」

とか言う人に限って、自分で一から文章考えようとすると、恐ろしく時間がかかってます(笑)。

しかも、自分でその手のはがきを出したことなんか絶対にないハズです。


◆ここで言及されている「はがき」は、文章や字の優劣を競うためのものではありません。

お客さんとのコミュニケーションを築くためのものです。


◆本書の中で竹田先生は「お客さんとのコミュニケーション
会社としてシステム化しなさい」とおっしゃっています。

そしてシステム化するためには、当然効率性が要求されます。

そのためのはがきの文例集なんです。


◆・・・皆さんの部下(もしくはアシスタント)は、サクサクはがきが書けますか?

皆さん自身が書けたって、それはシステムじゃないですよね。

「コレ見て書いといて」

滅茶苦茶ラクじゃないですか(笑)。


◆今回のマップは、当然文例集以外の部分で作成してあります。

ページは少ないものの、中身的にはかなり濃いです。

それに「使える文例集」が付いているわけです。
(私は使うかわかりませんが、12枚のイラスト入りはがきまで付いてます)

お買い得ですね・・・。


◆個人的には、書店で手にとって「なーんだ」と言って、買わない人が多い方が、
色々な意味で助かるんですけどね(笑)。



Posted by smoothfoxxx at 19:35
Comments(7)TrackBack(1)手紙・お礼状このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
この記事へのトラックバック
こんにちは!本日も宜しくお願いします。 禁煙ですが、お陰様で続いております。 今日の20時で、最後の1本から丸2週間が経過します。 3週間まずは、タバコを断ちますと、離脱期間がひとまず完結します。 何とか、なりそうな気がしてきました。 先日、
1枚のはがきを書こう!【教えて会計 (30代のニタが送る経理の島】at 2005年07月23日 13:12
この記事へのコメント

こんにちはpottzです。

ランチェスターの竹田先生ですね!
何冊か先生の本は読みましたけど
この本はまだですね。

ランチェスターは一部で遅れているとかいう声が
あるようですが個人的には、今でも十分通用する
戦略だと思います。

このご時勢、ほとんどが電子メールですので
はがきのほうがインパクトありますよね。

この本凄く興味あります!









Posted by pottz at 2005年07月22日 20:02
こんばんは
偏毒のススメのてつです。

コメントありがとうございました。
この竹田陽一先生の本は3冊読みましたが、この本も良さそうですね。
今度よんでみます。
ところで、マインドマップのまとめ方がすごく上手いですね。
参考にさせていただきます。
また勉強しにきます。

これからよろしくお願いいたします。
Posted by てつ at 2005年07月22日 23:01
>pottzさん

いらっしゃいませー。

ちょっと前に「お礼状ブログ」の心月さんがコメント下さり、
「竹田先生はスゴク素敵」らしいので、これからもチェックしていく所存です!

はがき、というか手書きの「アナログレター」って、実はスゴイ破壊力あります。
私が最近入った生命保険も、営業の人の「和紙に筆で書いた手紙」にヤラレタという話も(笑)。

>てつさん

いらっしゃいませー。

この本は、本の中身というか「崖の淵まで連れて来られて背中蹴られる」
的な手法にやられました。
でもホントみんな崖から飛び降りないんですよね(笑)。
そんなに手紙書くのイヤなら、バイトでも雇えばいいのに(笑)。

マップはセミナーにも行ってなければ、フォトリーもやってませんので、
ほぼ完全に自己流です(汗)。
Freemindというソフトさまさまですね(笑)。

こちらこそ宜しくお願いします。


Posted by smooth@マインドマップ書評 at 2005年07月23日 00:33
smoothさん、相変わらず、読書量
すごいですね。
この竹田先生のも役立ちますよね。

あと、私のブログの中の本。作野先生ですよね。
佐野先生となっていました。(笑)
Posted by 栗原敏彰 at 2005年07月23日 09:35
>栗原さん

>この竹田先生のも役立ちますよね。

ところがこの本のタイトルでブログ検索しても、
ニタさん記事しかヒットしないんですよー。
誰も買ってないんですかね(汗)?

>佐野先生となっていました。(笑)

ぎゃ!ヤバイ。作野先生タイヘン失礼しました(大汗)。
Posted by smooth@マインドマップ書評 at 2005年07月23日 11:01
smoothさん、こんにちは!

えっ、そうなんですか!
そしたら、竹田先生のハガキ3部作、あと2冊も記事にしたら、ばっちりですね。
smoothさん、ここだけの話し、営業系では、もっと凄い本あるんですよ〜。自分のブログでは、メンバーの手前ちょっと公開はできないんですけど(笑)。効きますよ!
Posted by ニタ at 2005年07月23日 11:22
>ニタさん

「そうなんですか?」というのは、おそらくブログ検索でヒットしない
ことだと思うんですが(笑)、そうなんですよ、何故か・・・。

あと2冊記事にしても、ますます検索にヒットしないヨカン・・・。

営業系の本、気になりますね(笑)。
このブログでレビューしてよい本なら教えてください。

私は、先日の土井さんのCDのシリーズで、金森さんのが出たのが
気になってしょうがありません(笑)。
Posted by smooth@マインドマップ書評 at 2005年07月23日 12:43