スポンサーリンク

2005年06月06日

『「バカ売れ」の法則+7』 原崎裕三 (著)



「バカ売れ」の法則+7 原崎裕三(著)


【はじめに】

◆みなさん、ご無沙汰してました(汗)。
一身上の理由でお休み頂いておりましたが、今日からまた
ぼちぼちやっていきます。

さて、突然ですが「家庭の事情で」今までより早く帰宅しなくてはならなくなりました。

6月入ったら攻勢に出ようかと思ってたのに(笑)。


【読書マインドマップ】

08a5ba6f.jpg











【目次】

プロローグ 元いじめられっ子の一発逆転物語
序章 辛いか?辛いだろう?
第1章 自分で自分をプロデュースできる奴が成功する
第2章 集客ノウハウはエロサイトから学べ!
第3章 神様扱いしたくなる素敵なお客さんの集め方
第4章 あなたが8週間以内にヒーローになる方法
第5章 理想と現実の隙間を埋める!
第6章 あなたがトップセールスマンになる日
第7章 やっぱり、最後に勝つのは真面目なバカ!


【読後の感想などなど】

◆しょうがないので(?)、今日は思いっきり仕事中にむにゃむにゃ・・・(ry。

いやー、いいんでしょうか(いいわけないって(笑))。


◆さて、この本。

ずいぶん前に読んでいたのに、見当たらず、今までご紹介してませんでした。
文庫本のせいか、思いっきり本の山に隠れてたんですけど(笑)。


◆そして、マップにもありますように(?)、「感情マーケティング商法」に対して、かなり批判的です。

残念ながら、ワタクシ、本家本元(?)の神田さんのご本をいまだ読んでない
(「周辺の本」は結構読んでますが)ので、正直何がいけないのかもよくわかりませんでした(汗)。


◆おまけに、著者のやり方も、ぶっちゃけよくわかりませんでした(笑)。

いやー、身も蓋も無い言い方で申し訳ございません。

言ってる内容(言葉とか文章)は理解できるんですが、それでビジネスをどうやるか、
のイメージが今ひとつわかなかったです・・・。


◆ただ、これは著者のせいではなくて、私のせいだと思います。

実際、ブログ以外、何一つ実行に移していない以上、ひとさまの手法について批評する場合でも、
すべて私自身がイメージできるか否かだけに帰納してしまうので・・・。


◆私がイメージできないやり方でも、それで結果を出されている方がいる以上、
私の意見というのは、あくまで「私自身がどう思うか」という限定された世界でのお話なので、
その辺は考慮願います。

いや、フォレスト関係の本に比べると、どうも「スッと」入ってこないんですよ(笑)。


◆さて、本書は文庫本でレビューも少ないですが、オリジナルの単行本の方は、アマゾンで見ても、賛否両論。

それもどうも本がどうこう言うんじゃなくて「親・神田」「反・神田」
の二手にレビューが分かれているといった様相・・・(汗)。

「皆さん、この本の内容は実際どうなんですか(汗)?」

と、小一時間問い詰めたい今日この頃・・・(?)。


◆一方、個人的に注目したのが、
「広告に小冊子の写真とサイトのURLを載せる」
というテク。

たしかに一定年齢以上の人は「ホームページが見られないから」という理由で、電話をかけてきそう(笑)。

こういう世代は「売り込まれる事に慣れている」ので、誘導しちゃっていいそうです(笑)。

これは「なるほど!」でした・・・。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「マーケティング」へ

この記事のカテゴリー:「マインドマップビジネス書評」へ

このブログのトップへ


Posted by smoothfoxxx at 17:31
Comments(6)TrackBack(0)マーケティングこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
この記事へのコメント
smoothさん、こんにちは!

私が見る限り、それほど、反神田という気もしませんが、
いずれにせよ、マインドマップ見る限り著者の方向性がいまひとつ分かりにくいですね。
う〜ん、トップセールスマンの起承転結というあたりが、私は腑に落ちないですね。商談の基本は3部構成が良いと思います。始まり、中、終わり。日常会話でも、途中で展開されたときには、聞いている相手の頭の中身はぐちゃぐちゃになると、私は心配してしまいます(笑)。そこをそうしないのがトップセールスマンだったら、私はその域にはなれません。
Posted by ニタ at 2005年06月06日 18:48
>ニタさん

さっそくのコメントありがとうございます。
えーっとですねー。いきなりわかりずらくて申し訳なかったのですが、
「起承転結」ってこの著者がよく使ってたんですが、「1回の商談」じゃないんですよ。

特にこの「トップセールスマン」の章は、具体例が「自分の奥さん(になる人)」を初めて口説いた時の話なんです(汗)。
だもんで最後の「結」が「付き合う」になってるという(笑)。

なんだかなー、ってカンジですけど(笑)。

逆にこれまたくだらないアイデアなんですが、自分の過去の恋愛について、
今読んでる各種「ビジネス本」に照らし合わせて、当時は全く考えてなかったのに、
実は「これこれ、こういう手法で」とか「win-winの関係がなんたら」ってやって、
「超でっちあげメルマガ」書けそうな自分(笑)。

一応、「金」「恋愛」「健康」という王道のひとつですし・・・(?)。
Posted by smooth at 2005年06月06日 19:46
smoothさん、こんばんわ。
仕事中に書いたとは思えない立派なマインドマップですね(^^;
私も、少し見習わないと。

この本装丁が魅力的ですね。
本屋に並んでたら買いたくなりそう。
Posted by phoenix_pilot at 2005年06月06日 22:15
smoothさん、原崎さんの本ですね。
実践会のセミナーでお会いしたことが
あります。
また、国際フォーラムでも昨年原崎さんの
無料のセミナーがありましたよ。
Posted by 栗原敏彰 at 2005年06月07日 01:49
smoothさん、了解しました。

でも、メルマガが奥様に絶対ばれないのが前提ですね。
個人的には、楽しみなので、是非その路線でお願いします。


Posted by ニタ at 2005年06月07日 07:58
>phoenix_pilotさん

>仕事中に書いたとは思えない立派なマインドマップですね(^^;

ハイ。通常ならありえないです(笑)。
仕事中にブログやってる以上にありえないです(汗)。

それとこの本は残念ながら文庫本なので、装丁は期待できないかと(汗)。

>栗原さん

実際、この原崎サンってどうなんですか(汗)?
小難しい言葉をつかって断言してますが、今ひとつ説得力がないんですよ、
少なくとも私にとっては・・・。
ただ、どこがどう「違う」のか説明できないんで、「★×8?」という(笑)。

>ニタさん

メルマガやるよりは、上記のタイトルでブログをもう一つ立ち上げてもいいかな、と(爆)。
週に1回程度の更新で(笑)。
Posted by smooth at 2005年06月07日 12:32