スポンサーリンク

2005年05月18日

売り込まなくても売れる! ― 説得いらずの高確率セールス



売り込まなくても売れる! ― 説得いらずの高確率セールス

個人的評価:★×8

【はじめに】

神田昌典さん監修だとは全く知らずにアマゾンで購入しました(笑)。


ひょっとして初「神田本」だったりして(汗)。

いいんでしょうか、ニタさん(笑)?

【目次】

序章 まったく新しいセールスパラダイム
第1章 ゼロからの再スタート
第2章 高確率セールスVS伝統的セールス
第3章 相手を引き込む「高確率な質問」の威力
第4章 高確率な顧客発掘―アポイント稼ぎの間違い
第5章 ニッチなターゲットを見きわめて確率UP
第6章 本音の勝負が生む最強の「信頼関係」
第7章 買わない客は除外する合理的なアプローチ
第8章 かぎりなく高確率なクロージング
第9章 失敗しないための注意点
第10章 満足条件―取引成立への最速ルート
終章 高確率セールスのすべて


【読書マインドマップ】

8dca2b96.jpg













【読後の感想などなど】

◆アマゾンのレビューによりますと、神田さんの本や平さんの本の元(?)になってるらしいのですが、
お恥ずかしながら私は、お二人の著作を全く読んでません(汗)!

ですから、単純に「一冊の本」として感想を・・・。


◆さて、最初に申し上げておきたいのですが、私自身はセールスの体験がありません(汗)

リーマン時代は経理・総務関係の仕事でしたし、税理士になってからも、「売り込む」という作業をしたことがないんです。


◆これは人生において、ちょっと問題がある・・・とまでは言いませんが、リーマン時代にちゃんと営業関係に異動しておけばよかったかな、と(汗)。

スタッフとして中近東まで行って「売掛金はらわんかゴルァ!」ってやったことはありますが(笑)。

もっとも、コレは単に営業として「ほら、スタッフまで来たじゃないですか」と言って、スムーズに金を払わせようとしただけのお話で(笑)。


◆と言うわけで、この本のスタイルは、一種のパラダイム・シフトであるべきところが、元々の「伝統的セールス」もよく知らないワケですよ。


・・・前置きが長くなりましたね(汗)。


◆気になったのは、本の中では、「高確率セールス」を身に付けていく主人公の、会話や実際の顧客とのやり取りがメインなのですが、先輩たち等、
既にこのセールス法を身につけている人達の口調がおしなべて極めて論理的「風」だったこと。

「英語をそのまま翻訳しただけの問題」とかではなくて、です。


◆思うんですが、その根底にあるのは「人は経済的合理性に基づいて行動する」
という大前提ではないか、と。

(これって、裏を返せば「いいものは売れる」と信じてやまない人と、ある意味似ているような・・・(笑)?)


◆実際にやってみたことも、やられて(笑)みたこともないので、断言できませんが、多少(?)日本流にアレンジすべき部分があるような気がします。

少なくとも多くの日本人(私も含めて)は、「完全に合理的」ではありませんし。


◆例えがビミョウですが、商談が「碁や将棋」なら、実力差がそのまま勝敗に繋がりますが、マージャンだったりしたら、必ずしも勝負はわかりませんよね(笑)?

実際に、知り合いの税理士事務所では、断り続けていたIP電話サービスを、ある会社の売り込み(?)によって導入したのですが、その決め手というのが、サービスでも料金でもなく、単に「女性担当者の好みのタイプのセールスマンだったから」という、私には笑えないお話もあります・・・。


◆アマゾンのレビューも賛否両論(汗)ですし、セールス関係の皆様はやるやらないは別としても、一読をオススメします。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「セールス」へ

この記事のカテゴリー:「マインドマップビジネス書評」へ

このブログのトップへ

Posted by smoothfoxxx at 19:21
Comments(5)TrackBack(4)セールスこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/22379826
この記事へのトラックバック
図解・マインドマップノート術 今日はこの本を読みきった。 もともと僕もノートを取るときに、ノートの枠線を無視して書いていた。 書く場所もあっちに書いたり、こっちに書いたり。 線でぐりぐり囲ったり、矢印を引いたり。 このやり方だと頭の中が整理されるし、.
マインドマップ【Coffee Show】at 2005年05月18日 23:58
マインドマップって何?と言われる方がほとんどだと思います。 参考文献として、こちらへ。といっても、文章ばっかりみてもわからないですね。
マインドマップは便利な右脳整理術【NLPサクセス 夢をかなえよう】at 2005年05月19日 21:32
神田昌典推薦。殿様バッタセールス!
売り込まなくても売れる!【農家の本棚】at 2006年03月21日 19:24
神田昌典
神田昌典【マインドマップで読書感想文】at 2006年09月23日 14:55
この記事へのコメント
1冊目としては、どうでしょう?(冗談です)ご参考までに、私の1冊目は「成功者の告白」です。もちろんこの本も読みました。「凡人が最強営業マンに変わる魔法のセールストーク 」が日本向けにアレンジされており、従来セールスとの比較があります。それと神田さんのHPで情報商材もあり、そちらは35、000円です。さらに、これらのオリジナルは「私はどうして販売外交に成功したか」です。いかに早く相手から「No」を引き出すかが、ポイントです。なんて、書くといかにも私が営業の達人みたいですが、私自身はその域までは達していません。ただ、世の中全体が変わりつつあり、従来型セールスは通用しません。また大企業でも「質問セールス」という呼び方で研修を行なっており、中小企業でこれに取り組むのに高いコンサルを雇うよりは、まずダメもとでこれで取り組めば、費用対効果としては高いです。ちょっと喋り過ぎました(反省)。

Posted by ニタ at 2005年05月18日 22:09
場所の力学でsmoothさんのように逆もあるわけですね。
昔もなつかしいと。
smoothさんは、どこへ行っても人間関係はいいですよね。
Posted by 栗原敏彰 at 2005年05月19日 00:45
>ニタさん

改行なしということは、わざわざ携帯から?ありがとうございます。
「販売外交に成功したか」は実は先日読みきったのですが、レビューしてません(汗)。
近いうちにアップしますね。

それと神田さんは、外資系電機メーカーの日本支社長だったんですよね(確か)?
ただし、部下が一人だったという(笑)。
そういう状況ならば、この手法を使えたのも納得がいきます。
一番懸念しちゃうのが、相手の「感情」を損ねることのような気がしたので、
大企業だと難しいというか、感情がこじれると、会社として「出入り禁止」になるような(汗)。

Posted by smooth at 2005年05月19日 12:31
>栗原さん

いえ、ホント、「人」は良かったんですよ(笑)。
単に給料が少なかっただけです(爆)。

ゼミがマスコミ関係だったので、同期の給料とかハンパじゃなかったですが(笑)。
その分、信じられないくらい長時間労働ですね、未だに・・・。
週間誌やってるヤツなんか、この年で毎週徹夜があるんですよ(汗)!
Posted by smooth at 2005年05月19日 12:35
農家の本棚運営者の玲治です。

トラックバック張らせていただき、ありがとうございます。

これからも宜しくお願いいたします。
Posted by 玲治 at 2006年03月22日 08:59