スポンサーリンク

2005年04月21日

「ユダヤ人が教える正しい頭脳の鍛え方」エラン カッツ (著)



「ユダヤ人が教える正しい頭脳の鍛え方」エラン カッツ (著)

個人的評価:★×7.5

【はじめに】

お約束お勉強法シリーズです(笑)。

今回は一般的に優秀と思われているユダヤ人に学びます。


◆何たって、
人口の0.25%しかいないユダヤ人がノーベル賞の45%を独占
してるんですよ(汗)!

そのヒミツは・・・?


【読書マインドマップ】

5d096036.jpg
















【読後の感想などなど】

◆本文とは直接関係ないのですが、物語風なくせに(笑)、久しぶりに読むのに手間取りました(涙)。

本書ではユダヤの常識的もしくは典型的(?)な単語がドカドカ出てきてきます。
英語じゃないですから、基本的に意味不明です。

もちろんそれらが最初に出たときは、翻訳された日本語と
そのふりがなとして原文の単語が併記されるのですが、
いちいち覚えてないと後から読み返すことになるんです。


◆たとえば

イ    エ    シ    バ
ユダヤ教高等神学校

こんなカンジで、いったん出てきたら、後はずーっとイエシバのみ(笑)。


◆しかも最初に読んだ時は、どれ位の頻度で出るか、次に出るのはどれ位後か、
等々一切不明ですよ(涙)。

何度前のほうに戻って読み返したことか・・・。


◆それはさておき、ユダヤ人の勉強・記憶法です(笑)。

残念ながら、目新しいことはあまりありませんでした(涙)。


「迫害の歴史」故に頭脳を鍛えてきた彼らのやり方が、
現代科学から見ても合理的という話であって、
「目からウロコ」という程のテクニックは特になかったです。

ただ、わかっていても「どうも抵抗があるなー」というようなやり方でも、
「ユダヤの歴史ゆえの迫力」をもって迫ってくると、今までとは違う
説得力があります(笑)。


◆実は知っていたものの、今までやらなかった(やろうとは思わなかった)テクで、
今後試してみようかと思ったものもありました。

そういった意味では、背中を押される一冊なのかもしれません・・・。

人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「私と100冊の勉強本」へ

このブログのトップへ
Posted by smoothfoxxx at 19:28
Comments(3)TrackBack(0)私と100冊の勉強本このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
この記事へのコメント
今晩は!
>記憶を信じて信頼する
この辺はちょっと苦手ですね。
ただし営業マンだけあって(?)、
ストーリーを覚えるのは非常に得意です。
そういう意味では、商談や出来事など、物語性があるものはかなり詳細まで
記憶できます。もしかしてイメージで捉えているのかもしれません。

個人的には、思い出す方法に付いてのテクニックが知りたいです。
Posted by ニタ at 2005年04月21日 21:57
smoothさん、体の心配ありがとうございました。
無理しないようにします。最近は、眼がやられますので。

今このユダヤとつく本が売れていますね。
私も昔から大の信者で、加瀬英明さんのユダヤ商法やら
手島祐郎さんのユダヤ関連、宇野正美さんのユダヤ論など
いろいろ読んできました。
ついつい読んでしまうので。
Posted by 栗原敏彰 at 2005年04月21日 22:59
>ニタさん

>>記憶を信じて信頼する
>この辺はちょっと苦手ですね。

ハハハ。わかります。
幼い頃からそういう教育をされてきて、「仕事ではない」
部分で練習を重ねてきたユダヤの人はまだしも、
イキナリ私たちがビジネスでこれやって、大事な事を
忘れてしまったらたまりませんよね(笑)。

>栗原さん

ユダヤ関係はまだまだあるし、読みたいんですけど、
たまたま裏ブログのネタにならないかな、と思って、
勉強系を買ってみました。

お名前挙げられた方々、全然知らない自分・・・(涙)。
Posted by smooth at 2005年04月22日 12:19