スポンサーリンク

2005年02月14日

『思いのままに脳を動かす「残像」力』高岸弘(著)


『思いのままに脳を動かす「残像」力』高岸弘(著)


【はじめに】

実は昨日の「ネゴシエーター〜」買う時に、それだけだと
amazonの総料が無料にならないので、併せ買いしたのでした(汗)。

果たしてその結果は・・・(笑)?


と言うか、最近「きちんとした」ビジネス本を読んでないような(汗)。



【目次】

第1章 建築家はメンタルトレーナー
第2章 脳を活かす「残像メンタルカード」
第3章 脳の眠れるエネルギー
第4章 実践、七つのメンタルトレーニング
 リラクセーション・トレーニング
 集中力トレーニング
 感情コントロール・トレーニング
 プラス思考トレーニング
 目標設定トレーニング
 コミュニケーション・トレーニング
 メンタルシミュレーション・トレーニング


【チェックポイント】

◆メンタル面の崩壊・再生

○崩壊

「プラス思考の目的意識」→ 小さなミス →「マイナス思考」

 ☆たった0.2秒で落下


○間違った再生法

「マイナス思考」→ 一足飛び →「プラス思考」 = 無理!!


○正しい再生法(残像メンタルカード使用)

「マイナス思考」→リラックス集中→「プラス思考」

 ☆小さな切り替えが大切(結局これが一番の近道)!


◆残像メンタルカードのロジック

○一定の彩度・明度を持った画像を凝視すると、
大脳の第四次視覚野が活性化する
       ↓
網膜を通して視覚連合野に刺激を与え続ける
       ↓
目ではなく「脳で」直に見ている事になる


○実際に見ていなくても「残像」が脳裏に浮かぶと、
脳はそれを見ているときの状態になる(脳波が出る)

 → 「パブロフの犬」の条件反射と同じ


◆概略

○体の緊張をとく

○腹式呼吸で脳をクリーンに

○リラクセーショントレーニング(イルカのカード)

○集中力トレーニング(集中カード)

☆上記2つのトレーニングの後は、任意で
目的のトレーニングを行なう

○感情コントロールトレーニング(感情コントロールカード)
(上手に雑念を送り出す)

○プラス思考トレーニング(プラス思考カード)
(人は本来はネガティヴに考える習性がある)

○目標設定トレーニング(目標設定カード)
(目標を明確にすると、脳はそれに向けて動き出す)

○コミュニケーショントレーニング(コミュニケーション・カード)
(目標達成のためには一人では無理!)

○メンタルシミュレーショントレーニング(シミュレーション・カード)
(あらゆる能力を総動員してシミュレーションを行なう)

 →脳をだます醍醐味


【読後の感想など】

◆この本はある意味「実践してなんぼ」なので、
ここでとやかくサマライズしてもしょうがないのかもしれません。

要は、

任意の状況においてベストな精神状態を作り上げるため
「残像メンタルカード」を用いて脳を活性化する


とでも言えば良いのでしょうか?


◆著者も「画家・建築家」であり、その仕組みについて、
明確な答えを出し切ってはいませんが、実際に効果は
各分野であがっているようです。
(高校野球・女子プロテニス等)


◆私も早速やってみました。

一応、「残像らしきもの」は見えます(笑)。
ただ、効果がわかりずらいので、継続できるかが心配です(笑)。


◆今まで色々なビジネス本等を読んで、
「メンタル面」や「ポジティヴシンキング」の大事さを
学んできた以上、なんとかモノにしたいです・・・。

人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「潜在意識・右脳開発」へ

このブログのトップへ
Posted by smoothfoxxx at 18:20
Comments(0)TrackBack(0)潜在意識・右脳開発このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/14275545