スポンサーリンク

2005年02月05日

『「稼ぐ人」だけが知っている!13の氣づき』 岩元貴久(著)


『「稼ぐ人」だけが知っている!13の気づき』 岩元貴久(著)


【はじめに】

日米で活躍されているマーケッター、岩元サンの本。

金森サンほどテクニックに特化する事無く、
「本当のマーケティング」について述べられています。


【チェックポイント】

今回は盛りだくさんです(汗)。


○お客さまを獲得するノウハウ

→[お客さまをみつけ→認知され→興味をもってもらい

→買ってもらい→喜んでもらう]


○営業とマーケティングの違い

・マーケティング・・・商品を買いたいと言っているお客さまを
          営業マンの前につれてくる業務

・営業・・・そのお客さまとの取引を締結するために必要な業務
 (商品を買いたい状態にするのはマーケティングの業務)

*これは私も勘違いしてました・・・(汗)。


○2ステップアプローチ

・ダイレクトレスポンス広告 → 見込み客の獲得が目的
 (サンプル商品・ギフト)

     ↓

・見込み客のフォロー → 商品を売り込まない!
             (商品を買う理由に気づいてもらう!)


○コピーライティングの注意

☆ お客さまは商品特性には興味がない!

  → 興味があるのは「メリット」


○商品に惚れてはいけない!

 (商品に惚れてる人に売られると、客から見たら、
  「売りつけられてる」と感じるから)
     ↓
  惚れるべきはお客さま


○お客さまの「ウォンツ」に応える!

 「ニーズ」ではなく「ウォンツ」 

「ニーズ」は論理的な動機なので、不景気時には、
  真っ先に論理的理由で除外されるから



○シナジー効果に注目せよ!

・売上を増やす施策(「客数」「単価」「取引回数」)
 は別々にやった場合の総合計よりも、
 一気に行なった場合の総合計の方が大きい!




【この本を読んで考えたこと】

◆冒頭に書きましたが、金森サンとはちょっと異なり、
「テク」と「ハート」(という表現が良いのかわかりませんが)が
ほどよくブレンドされた本、という印象を受けました。


◆一貫して流れる思想は

「人は嫌いな人からはめったに買わない」

というものでしょうか?


◆故に、「お客さまに好かれるための方法」を考えなくてはなりません。


◆本の後半に、著者が訪れたアメリカのレストランの話があります。

初来店の著者一行は、その店のマネージャーから、

・サラダをサービスされ、
・名前を聞かれ、以降、親密に名前で話しかけられ、
・次回のサービスのために、著者のEメールアドレスを聞かれ、
・その日のうちに、お礼のメールをもらい
・誘導されたHPで「知人にHPを訪れた人間の名前でギフトを送る」
 というサービスを受けます。

これこそが著者の目指す「サービス」であるならば、
まさに「ハート」「心配り」を重んじるものなのでしょう。

マーケティングオタクのワタクシ的には、お勧めの一冊です!

人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「マーケティング」へ

このブログのトップへ




Posted by smoothfoxxx at 17:48
Comments(2)TrackBack(0)マーケティングこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/13574237
この記事へのコメント
僕もこの本読みました☆


なんかと〜〜ってもよかったです(^^)

僕もマーケティングなんて全然知りませんが、
この本はいいって思いました☆


マーケティングだけじゃなくて、
人生に使えるって思いました☆
Posted by トミー(23歳男) at 2005年02月08日 18:13
トミーさん
コメントありがとうございます。
その若さでフォトリーできるなんてうらやましいです。
私はもっぱら通常の速読(?)で1日1冊が限界です(汗)。
Posted by smooth foxxx at 2005年02月09日 14:39