スポンサーリンク

2005年01月27日

「40歳からの仕事術」山本真司(著)


40歳からの仕事術 (新潮新書)
40歳からの仕事術 (新潮新書)


先日ちょこっと書いたように、「30歳からの成長戦略」と併せて購入し、むさぼるように(笑)読んでおります。

先に読み終わった掲題の本をさっさとレビューしようかと思ったのですが、「30歳〜」を読み終わらないことには、適切な表現ができないかもしれない、とも感じております今日この頃・・・。

とにかく中身が濃いので、貼ったポストイットの量が半端じゃないのですよ(汗)。

【目次】

序章 終末と始まりの予感
第1章 MBA不要論
第2章 自立するための思考法
第3章 本質をえぐる分析技術
第4章 メッセージを売り込め
第5章 自分を変える戦略
終章 決断



と、ここまで書いてから、ネットで色々検索しました。
amazonの書評でも「40歳以上に限定」するのはもったいない、という意見が多数。

確かにそうですね。
タイトルがちょこっと変わってれば、もっとヒットしてたのかもしれません。

特にこの本を尤も象徴するキーワードである「戦略」の文字がタイトルのどこにもないのは何故なのでしょうか(あ、「30歳からの〜」にはありましたね(笑))。


私が勝手につけるなら・・・

「"戦略的"ビジネススキル獲得術」

・・・・・・陳腐だ(涙)。

でも、せめてサブタイトルのどこかに入れても良かったのではないでしょうか?
・・・って余計なお世話ですが。


さて、著者が「40歳からの〜」としたのは

○50代以上の既得権維持にやっきになる「変革拒絶層」
○30代以下で自己変革に余裕がある「変革過程層」
の狭間でもがき苦しむ
○40代の「変革真空層」

「最少の変革投資」「最大の変革リターン」を狙ってもらう

ためです。

ですからこの本で述べられている「戦略」のいくつかは、自己変革に余裕がある世代にとっては、非常に有用ではありますが、もちろん違った方法をとる考えもあるわけですね。

特にここで述べられている「捨てる」戦略は重要なんですが、若いうちから捨ててばかりいるのもどうかと(汗)。

実際、書評で「若い世代(と思われる)」がこの本を絶賛しているのを見ると、「まだ時間も体力もあるんだから」と、一言小言を言いたくなる私は、もう若くないです。


一方、世代を問わず誰でもすぐ取り入れるべき「仕事ポートフォリオ・マネジメント」です。

これは「期待成果の大小」を縦軸に、「仕事力の高低」を横軸にとり、仕事を4分割して、どの仕事で「稼ぎ」、どの仕事で「苦手克服や挑戦的テーマへの投資を行うか」を決めるものです。



大        |
          |
↑        |    
期        |
待-----------------------------------
成        |
果   ◆    叩   ´ 
↓        |
         |

  高  ←  仕事力  →  低
 

この図においては、

・・・捨てる仕事(期待成果もなく苦手)
・・・金のなる木(期待成果は無いが得意)
・・・刈り取り仕事(期待成果が高く得意)
・・・投資する仕事(期待成果は高いが苦手)

であり、を優先し、+△任△訥度成果を出すのが大事。

ただこれだけだと将来性がないので、い鬟丱薀鵐垢茲取り組む・・・。



「自分の仕事の全て」はこのポートフォリオのどこかに当てはめてる事が可能ですし、それに基づいて処理すべきです。


いえ、ホントは他にも貴重なテクニックやスキルや考え方が満載なんですが、ここで挙げてたらキリがないんですよ・・・。

ぜひ、40歳以下の方も書店で手に取るべきでしょう。
皆さんに一読をオススメします。


ちなみにこの本は、主人公である「朝倉」を、バリバリのMBA保持者でコンサルティング会社勤務の「岩倉」、外資系大手メーカー勤務の「阿部」の二人が「教育する」という設定で進められていきます。

「岩倉」の口調が「英語」を翻訳した日本語のようで、「私には」非常に論理的に響きました。

やはり「岩倉」のモデルは山本さんご本人なんでしょうか・・・?

人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「ビジネススキル」へ

このブログのトップへ
Posted by smoothfoxxx at 18:49
Comments(1)TrackBack(3)ビジネススキルこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/13144673
この記事へのトラックバック
最近の30歳(最近サボってまして。すいません。結構いろいろなご紹介を頂いてます。)その1.ひろさんの(仮)診断士日記で書評を頂いてます。どうもありがとうございました。ここです。診断士試験頑張ってね。その2.noboru11_001さんです。先日の日経産業の講演会でご挨...
最近の「30歳」【40歳からの仕事術】at 2005年01月30日 09:51
 今日は、「自分戦略」を立てることの重要性がテーマです。「成果主義を自分の味方につける法」の核心部分の1つです。 ■ステップ4 リストラにも動じない実力をつける 76 自分にとって無理のない生き残り戦略を立てる 77 社長になったつもりで、業績思考を高めよう
ステップ4−4 自分戦略の重要性 「30歳からの成長戦略」【成果主義を自分の味方につける法】at 2005年02月13日 17:40
21世紀を生き抜くビジネスマンの戦略を期待していたのですが、 まんまと、だまされました。
30歳からの成長戦略【平々凡々的日々】at 2005年02月16日 22:06
この記事へのコメント
あいたたた。とうとうこの本の著者であります所の山本さんご本人からトラバ頂いちゃいました(汗)。

自分で言うのもなんですが、今回の書評はハッキリ言って消化不良なんで、「30歳〜」の方で挽回したいです・・・。
Posted by smooth foxxx at 2005年01月30日 13:34