スポンサーリンク

2005年01月20日

「他人より先に洋書を読んで億万長者になりなさい」三浦 哲(著)


「他人より先に洋書を読んで億万長者になりなさい」三浦 哲(著)


またもやビジネス書のレビューの棚卸しです。
読むだけ読んでも、なかなかレビューできない自分ですが・・・。

さて、この本、タイトルに思いっきり「億万長者」などという大胆なフレーズが挿入されてますが、基本的には

「洋書に対するアプローチの仕方」

がメインですので、これを読んだからと言って、別に億万長者になれるわけではありません。

それでは何故このようなタイトルになったのか・・・?

金森氏のように、「アドワーズで市場調査」でもした結果なのでしょうか(汗)?



内容的には「中学生程度の英語」であっても、「洋書が理解できるテクニック」がいくつか披露されており、これは確実に使えます。

私にとってはこの本の「本としての」価値のほとんどが、これらのテクニックにあると思ってます。

特に理解のスピードにおける「ボトムアップ方式」に対する「トップダウン方式」の優位性などは、わかりやすい例とともに納得させられます。


ただ、内容における「説得力」にはいくつか疑問点あります。

○本全体が「著者」と高校の後輩であった「生徒」との会話形式で話が進められており、洋書の理解の度合いは、あくまでも「生徒」氏の自己申告に過ぎず、客観性に乏しい事

(実際は、いくつもの事例で証明済みなのだろうが、本の形式上明らかにされてはいない)

○いくつかの部分について、「結論」を証明する「根拠」が提示されていない(ひょっとして著者の周りでは常識なのかもしれないが、いずれにせよ根拠レス)事

(例)
「アメリカの経営に関する本の方が、日本より少なくとも5年は進んでいる。」

→その根拠は?


とっつきやすさ、という点では、「メルマガを読むような感覚」と表現すればいいでしょうか?
活字量的にも、先日の「ブログで始める超速起業入門」以上に(以下に?)少なく、通勤の帰りの電車内の30分程度で読みきってしまいました。



ちなみに「この本には書ききれなかった続きがあります」と書かれた紙が本の最後の方に挿入されており、URLで飛んで、メルアドを入れると、続きが読めます。

内容はご想像にお任せします・・・。

ちなみに、私はURLでサイトまで行って、やっとこの本のタイトルの「意味」がわかりました。

(先日の金森氏の著作を読んだ後だと、そう理解せざるを得ません。これは著者の活動に対する批判でもなんでもなく、そういう営業もありだな、と個人的には思っています。実際に入会しようとしている自分がいますし(笑))

評価:★×7(洋書に対するアプローチのテクニックとして)

人気blogランキングご声援ありがとうございました!


この記事のカテゴリー:「起業全般」へ

このブログのトップへ

Posted by smoothfoxxx at 09:21
Comments(2)TrackBack(2)起業全般このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
この記事へのトラックバック
他人より先に洋書を読んで億万長者になりなさいposted with amazlet at 05.01.26三浦 哲 中経出版 (2004/12/01)売り上げランキング: 624通常24時間以内に発送Amazon.co.jp で詳細を見る ★━━━こう思ったら読め!━━━━━━━━━━━━━━━━★ ┃ 『洋書を読めるよ
他人より先に洋書を読んで億万長者になりなさい【エンジニアがビジネス書を斬る!〜『エンビジ図書館』〜】at 2005年01月28日 01:17
◎今日の一冊「他人より先に洋書を読んで億万長者になりなさい」三浦哲(著)1365円中経出版 ISBN 4806121339学習の基本を学べます。三浦さんと後輩の後藤さんとの10日間の会話で英語を学ぶ方法が書かれています。英語だけではなく、全ての学習法の基本です。...
他人より先に洋書を読んで億万長者になりなさい【知りたい人】at 2005年02月17日 15:03
この記事へのコメント
そうですよね。
億万長者にはなれないかもしれないけど、
学び方については良くわかりますよね。
Posted by 知りたい人 at 2005年02月17日 15:02
>>知りたい人さん
あ、こちらにも(汗)。コメントありがとうございます。
そうなんですよ、「テクニック」として、
かなり有用だと感じました。
Posted by smooth foxxx at 2005年02月17日 19:11