スポンサーリンク

2005年01月15日

昨年一番聴いたCD


My Heart Belongs to You
Sony
Frankie(アーティスト)
発売日:1997-09-02

本来であれば、昨年(2004)リリースされたアルバムから何か一つ選ぶべきなんでしょうが、個人的に圧倒的にヘビーリスニングしていたアルバムが1つあるのでご紹介します。

・・・って、amazonでもう在庫ないじゃないですか。しかもマーケットプレイスで、元値より高い価格設定が(汗)。

うーん、オススメしていいものやら・・・(笑)。

追記:

2007年2月時点で、在庫がありました!
しかも、お手ごろ価格デス!
私は保存用にもう一枚買いましたよ(笑)!



だいたいこのアルバム、97年作です。
当時話題になってなかったのか、私のアンテナが鈍かったのか、昨年秋まで全く知りませんでした。

近所のブックオフで中古を漁っていた所、このアルバムに出会い、何気にクレジットを見ると、

Produced by Chucky Thompson
Executive Producer : Chucky Thompson

の文字が。
要は、Chucky Thompson(Bad Boyのお抱えプロデューサーで有名ですよね)全面プロデュースって事で、とりあえずハズレはないだろうと購入して聴いてみたら、あらビックリ。

超メローで、とんでもなくいい出来なんですよ、これが・・・。

もっとも「繊細なメロー系ボーカル(例えば、Carl Thomas等)が好き」という方でないと、評価は全く違ってくるでしょうね。

そのためにも、先日ご紹介したall music guideで、1曲目の"Heart - Interlude"だけでも聴いてみて下さい。

好きな人はこの1曲聴いただけで、速攻ブックオフに向かう(?)でしょうし、そうでなければ完全にスルーされる事でしょう。

2曲目もイキナリ"The Look Of Love"使い("Rain On Me" / Ashantiと同じ)の悩殺メローです。

この冒頭2曲だけで完全に元は取ってるにも関わらず、後から後からメローの嵐が(汗)。

(3)は唯一のミッド〜アップテンポのメロー。
(4)はアコーステックなミッドメロー
(5)は(1)と同じくInterludeの扱いなんですが、それでも2分41秒もある悶絶メロー。もともとChucky Thompson自身、Bad Boyのアルバムでも結構Interludeばかり作らされてたイメージがありますが、得意なんでしょうか?
それより、恐ろしい程のメローネスに鳥肌立ちます(汗)。

そしてそれは(6)も同じ。楽曲として「美しい」上に、繊細なボーカルに、添えられた透き通るコーラス・・・。好きな人にはタマリマセンね。

(7)(8)(9)と、メローながらも、今までとはちょっと違い、「哀愁系」のサウンドが展開されます。ただし、いずれも「超美曲」です。

(10)では、また明るめの曲調の、若干ビートを効かせたメローミッドが聴けます。これも佳曲だー(涙)。

(11)では意表を突いて、ハイハットがチキチキいってる、「Craig David系ミッドメロー」が飛び出してきます。
結構クセになるメロディーラインの美しさ・・・。
ふと思ったんですけど、これって、平井堅が歌ってそうじゃないですか(笑)?

(12)は個人的なベストトラック。これだけ散々褒めといて、それよりも上の曲がある事事態スゴイと思います(マジで)。
イントロから間奏〜アウトロまで、「メローとは何か」を饒舌に語ってくれる隙無しの名曲です。

(13)はアイズレーの名曲"Footsteps In The Dark"使いのミッド。これももちろんメローな佳曲です。

・・・というわけで、これだけ完成度が高いアルバム作りながら、そのまま行方知らずのFrankieクンが不憫でなりません。

もし、このコンビで再度アルバム作る事があったら、予約で10枚買って、回りに配ってもいいです!

評価:★×10+α
Posted by smoothfoxxx at 14:40
Comments(0)TrackBack(0)音楽このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/12362115