スポンサーリンク

2005年01月11日

3分間社長塾―スピード判断力をつける」 高井伸夫 (著)


「3分間社長塾―スピード判断力をつける」高井 伸夫 (著)


実はこの本を読む前に、堀場製作所の堀場雅夫会長の「仕事ができる人できない人」を読み返していました。


堀場社長は自らの会社における実例や、実際の体験に基づく有益な話を書かれてましたが、この本の作者である高井氏は、弁護士・経営コンサルタントという仕事柄、さらに多くの実例に接している事により、社長とは縁の無い(?)自分にも非常にためになる教訓を、数多く述べられています。

一つ一つの項目は長くないので、目次を見て、気になる箇所を読めば、
その内容の濃さが分かると思います。

目次で気になったものを挙げてみますと・・・

○「ゴールドカラー、グレーカラーを育成せよ」

○「そば粉社員」と「つなぎ社員を見分けろ」

○「ケチな社長は嫌われる。ケチらない社長は経営に失敗する」

個人的には、最後に挙げたお話は是非読んで頂きたいです。
ビジネスにおける「生き金・死に金」の感覚が理解できました。

簡単に概略を説明しますと・・・。

<設定>

「会社に長年貢献してくれ、円満退社する社員の送別会をどうするか?(出席するのは十数人の社員)」


・「近所のレストランで一人5000円程度」で済ます社長は「ケチ」というレッテルを社員に貼られる。

・この場合はあえて「一流ホテルのパーティルームで一人1万円」で開く。

・ただし、肝心なのは「そこからいかにコストを下げるか」ということ。

・結果9500円で開けたとしたら、500円が生き金となる。

・ケチだと思われたら使った5000円は全てが死に金。また、9500円でできるのに1万円かけるのも500円が死に金。

・9500円で開けば、使った9500円も節約した500円も生き金。

どうです?なるほどー、って思いませんか?

評価:★×9
Posted by smoothfoxxx at 15:13
Comments(0)TrackBack(2)企業経営このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/11982581
この記事へのトラックバック
他人より先に洋書を読んで億万長者になりなさいposted with amazlet at 05.01.26三浦 哲 中経出版 (2004/12/01)売り上げランキング: 624通常24時間以内に発送Amazon.co.jp で詳細を見る ★━━━こう思ったら読め!━━━━━━━━━━━━━━━━★ ┃ 『洋書を読めるよ
他人より先に洋書を読んで億万長者になりなさい【エンジニアがビジネス書を斬る!〜『エンビジ図書館』〜】at 2005年01月28日 01:17
3分間社長塾―スピード判断力をつけるposted with amazlet at 05.01.30高井 伸夫 かんき出版 (2004/12)売り上げランキング: 370通常24時間以内に発送Amazon.co.jp で詳細を見る ★━━━こう思ったら読め!━━━━━━━━━━━━━━━━★ ┃ 『3分で何ができる?』 
3分間社長塾―スピード判断力をつける [by 高井 伸夫 ]【エンジニアがビジネス書を斬る!〜『エンビジ図書館』〜】at 2005年01月30日 02:06