スポンサーリンク

2005年01月09日

"Concrete Rose" / ASHANTI


ashantiというワケで、Ja Ruleの新作を受けてのAshantiの3rdです。

Jaの新作が思いのほか良かったので、各音楽誌での評価がイマイチだったのを気にせず購入しました。
(正直、Jimi Kendrixの作品がJaの作品並に起用されてると思い込んでいました)

自分的には、一度はINCを去った”7” Aureliusが帰ってきた事ですし、作品として悪いワケがないと踏んでいたのですよね。

それでふたを開けたらビックリ。Jimiの作品は3曲だけです。
しかもその内の1曲は、既にJaのシングルとして発売されている(17)”Wonderful”なんですよ・・・。

さて、それではプロデューサーごとにチェックしていきましょう。

まずは「出戻り」の”7” Aurelius。
イントロの(1)、スキットの(3)に続く(4)”Only U”は1stシングルです。
この曲のPVはご覧になりましたか?
Ashantiの隣で、シャツの全面に大きく「7」と入ったプリンスもどきの人が、ギターをかき鳴らしています(笑)。
クレジットによると”LEAD GUITAR : 7”となってるので、おそらくご本人なんでしょう。
サウンドはかなりロッキッシュです。これを受け入れられるかどうか?
OUTKASTの成功によりこの手(というより、従来の黒人音楽からみたらボーダーレスなサウンド)の音楽が、マーケット的に受け入れられる事が証明されたと言えますが、Ashantiにマッチしているかどうかは個人的には疑問です。
続く(5)”Focus”は、デスチャが”Survivor”でやってたようなアッパーサウンド、(7)”Love Again”は一転して、ミディアムテンポの従来の”Ashanti”サウンド。(9)はJodeci”Freek’n You”使いのミディアム。うーん、どうせjodeci使うなら他にいい曲あると思うんですが。(10)”Every Lil’ Thing ”と(14)”Don’t Leave Me Alone”は本アルバムでの”7”制作曲のベストかと。前者はストリングスが美しいキュートな佳曲、後者は哀愁系の美メロです。

お次は前述のJimi Kendrix。(8)”Take Me Tonight”はfeat.Lloydのメロー系ミディアム。いいです。(11)”Turn It Up”はfeat.Ja Ruleのイケイケアッパー。正直この曲が1stカットの方が良かったんじゃないでしょうか?イントロの時点で鳥肌立ちました。(14)も含め、ホントにこの人はいいフック書くのが上手いです。これからも要チェックです。

意外にいい仕事してるのがDemi-Doc。(6)”Don’t Let Them”はAshantiの魅力満開のキュートな佳曲。(16)”Freedom”はドラマチックなメローミディアム。ピアノのリフが印象的です。

あれ?INCのアルバムなのにChink Santanaがやってるのって(13)”So Hot”だけですか?Ahantiサウンドの確立者だけに、もっと手がけて欲しいものですが、この曲も手堅くまとめられてます。いいです。

最後になりましたが、「INCサウンドらしさ」って事ではfeat.T.I.の(2)”Still Down”が一番オススメです。プロデューサーはMalcolm Flythe(この人にももう何曲かやって欲しかったです)。

という事で「”7” Aureliusが結構期待はずれだったのを他のプロデューサーが軒並みカバーしていた」と個人的に思っているこのアルバム。Amazonでも結構安いんですよね(1月7日現在)。正直★としては6つ半が妥当なんですが、お買い得さを考えたらこうです。

評価:★×7

(注)amazonと実際のCDとで曲のカウントの仕方が違うので、タイトルまで全部入れておきました。
Posted by smoothfoxxx at 14:02
Comments(0)TrackBack(1)音楽このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/11922760
この記事へのトラックバック
Concrete RoseAshantiThe Inc. 2004-12-14...
Ashanti-Concrete Rose-【ニコラジ!●動画で音楽紹介&ネットラジオ放送●】at 2005年04月06日 00:50