スポンサーリンク

2005年01月03日

"The Red Light District" / LUDACRIS


ludacris

著名プロデューサーより招聘アーチストの方が華やかな本作ではありますが、やはりプロデューサー別にチェックしてみます。

Timbalandは1分半程度のイントロなのがもったいない(1)とTimbaお得意のトライバルサウンドの(7)を担当。特に後者は前作のヒット”Stand Up”系のダンスチューンでカッコイイです。

Organized Noize作の(5)はfeat.Sleepy Brownのユルーイながらも哀愁系ループが耳に残る一品。Salaam Remi作の(16)はNasとDoug E. Freshをfeat.してヒューマンビートボックス風トラックでのラップを披露してます。

DJ Quik作の(10)は好きな人にはタマラナイ、典型的ウエッサイ・チューンで、これは◎!同じように西方面では(プロデューサーは知らない人ですが)feat.Nate Doggの(6)もTeena Marie使いの佳曲。気持ちいいです。

また著名ではありませんが、Shawnnaのアルバムで好仕事をしていたIcedrakeは(4)でDMXを招いて、こちらは典型的サウスサウンドを製作してます。サウスと言えば、先行カットの(3)はキャッシュマネー風(笑)ですし、(8)(11)(14)(15)等も括りとしては、彼の「根本」であるサウス系であり、サウス好きにも対応しているのではないでしょうか。それにしても誰と何をやってもLudaはLuda。このキャラは唯一無二でしょう。

最後に本作での個人的なベストトラックとして、”Spread Your Wings” / Troop のボトムを太くしたような、爽やかなサウンドが癖になる(13)を挙げておきます。

評価:★×7.5




Posted by smoothfoxxx at 23:40
Comments(0)TrackBack(0)音楽このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/11742869